るんぺんパリ【RunPenParis】

詩・詩集・ことばをデザイン・アート・写真 るんぺんパリ【RunPenParis】 以前は「Kマーホ」の名で活動(1999-2002)、詩集「トイレの閃き」「テレビジョン」「おしりとサドルが あいますか」「マガサス星人」「コールサック」「眠立体」6冊の詩集を出版して活動休止。 令和元年(2019)に、「るんぺんパリ【RunPenParis】」の名で活動を再開。 三重県伊賀市(旧上野市)出身 静岡県在住

るんぺんパリ【RunPenParis】

るんぺんパリ【RunPenParis】

【自己紹介 2024年7月14日追記 3538文字】

三重県伊賀市(旧名:上野市)出身
伊賀市(旧名:上野市)に
1976年(3歳)から
1996年(23歳)6月まで住んでいた
1976年以前の記憶と出生は不明

伊賀市で有名なのが
伊賀流忍者
伊賀牛
松尾芭蕉
俳句
上野城
2004年(平成16年)11月1日に
伊賀市に変わってから
上野市駅が忍者市駅になり
近鉄の電車だったのが伊賀鉄道になり
電車がコスプレになった
駅前には銀河鉄道999メーテルと哲郎の銅像があり
産業会館がハイトピア伊賀になった
新天地もなんかおしゃれなサビれかたで
「新天地Otonari」となった
街は高校生の頃の面影は薄くなったけど
何となく残っている上野市街は今でも魅力的だ

最近は実家で一人暮らしのおかんの様子を見に
よく帰省するようになったけど
若い頃は年一回も帰省しなかった
最近の伊賀でよく立ち寄るのが
「菓匠 桔梗屋織居」と
「HANAMORI COFFEE STAND」と
「岡森書店白鳳店」で
岡森書店は、Kマーホの名で出版した
「トイレの閃き」が背表紙の色が抜けた状態で
25年以上も本棚に置いてくれている
これを見ると初心に戻れて
まだまた創作していこうとがんばれる

市部という地区だったと思う
依那古第一保育所に5歳から6歳の2年間通った
おかんは自分の送り向かいのために
自転車を乗る練習して
そのおかんが運転する自転車の後ろに乗って
途中の田んぼに二人で落ちて
泥だらけになった

小学校までは上野市依那具にある
市営の城ケ丘住宅で過ごした
この市営住宅はもう40年以上も
その雰囲気を変えずに今でも残っている
ここは伊賀市文化遺産にしていいほどの時間が止まった場所だ
いまだに汲み取り式の便所の換気の煙突が立ち並んでいる
このカオスな感じは小学生の頃の不便な生活を思い出させる
あの生活で暮らしたから今があるのは確かだ

小学校の通学路にある
垂園森でよく遊んだ
現在も存在しているが
オバケが出そうな森
この森は当時通っていた依那古小学校の校歌の歌詞にも出て来る
イメージ的には幽霊が出そうな森だけど
何か不思議な生き物が住んで居そうな森に見えた
きつねも出そうだし
おばけも幽霊も心霊も
もしかするとタイムスリップして
小学生の頃に戻れそうな気もする森だと変な懐かしさを感じる
近くには無人駅の市部駅とにらめっこしている森

中学校から市街の上野城
城下町で過ごした
当時はカオスな市営城ケ丘住宅から出れる事が本当にうれしかった
小学校までの友達とも飽きてしまっていたので寂しくはなかった
当時から色々な物にすぐに飽きては新しい物が好きだったので
そっちのワクワク感で本当にうれしかった
そして築20年以上の中古の一軒家で2階建て
自分の部屋がありトイレは汲み取り式だけど洋式で
あこがれの上野の街で住める事もあって本当にうれしかった

そして近くの崇廣中学校に通う事に
中学校の3年間は
転校生という立場と
中一で足の骨折
中二で腕の骨折
どちらも遊んでいての骨折2回
中三の高校受験で
いい想い出は無い

高校2年生で
小学校の時にサッカーで出会った
旧友とバンドを組んだ
その時が一番楽しかった。

1993年
一人暮らしを始める
やっと自由になった気がした
2年間ぐらいは金が無くて
通帳の残高は毎月マイナス50万
スレスレ生活

1996年7月から
2003年7月の
7年間は茨城県と千葉県の県境
利根川の近くに住んでいた
この界隈を走るタクシー運転手の
態度は本当にムカつくから
こっちも態度悪く乗ると
気分の悪さはお互いさまになる
関東平野は景色が無く
ここでの生活は落ち着かなかった
食文化も人も気候も水も
肌に合わなかった
特にうどんの汁が濃いだけのシンプルな味は
げんなりさせてもらった
ただ寺原駅近くの「ふる川」はよく通った
とくにカレーめちゃくちゃ美味かった

1997年から
パソコンをミドリ電化で38万で購入して
作詞やネットに興味を持つ
まどみちお詩集を読みだす
作詞に近い詩を書き始める
「Kマーホ」という名で
詩を書き始める
目標を300篇と決めて
詩を思いついたら
メモをつけるようになる
週末は家に引きこもり
一日中、音楽を聴きながら
パソコンがあるのに
まだワープロで詩を清書していた

1998年から2002年まで
「Kマーホ」の名で
詩に団体に参加したり
詩の賞に応募したり
詩集を自費出版したり
この当時参加していた詩の団体には
もうドロドロとした
詩を書く人や
あまりにも読み解けない詩や
暴力的な人や
いい人もいたけど
自分とは全然目指している方向が
違うので2年目ぐらいで辞めた
それからは詩の団体に興味は無くなった
それから
自費出版した詩集を
全国の小中学校や
全国の図書館へ寄贈して
活動を休止
理由は2000年に結婚してから
集中して詩を書く時間が無くなってきたから
2002年に2つの詩集を出版して
詩の事は全部段ボール箱へ入れた

2003年から2019年まで
育児に重点を置いて生活をする
この時期は友達とも連絡を
切っていたので
のちに死亡説や宗教説が出ていたらしい

2003年7月から
現在は静岡県在住
もう20年以上住んでいる

2019年
るんぺんパリ【RunPenParis】の名で
詩を書き始める
SNSでの詩の発信を始める

るんぺんパリ【RunPenParis】とは
フランスはパリの街を
ぺんを持って
走るという意味から
【RunPenParis】ができた

1973年8月1日生まれ(もうすぐ51歳)
しし座
O型
右利き
詩・詩集・ことばをデザイン
アート・写真・小説・ペン画

松尾芭蕉の生家がある伊賀市
十代までを過ごし
俳句が幼少期から
身近に存在していた

二十代から詩を書き始めて
「Kマーホ」名で活動(1999-2002)
詩集6冊を出版して活動休止

その後
松尾芭蕉の俳句のような
シンプルな言葉遊びを
詩で出来ないかと考えていた中で

令和元年(2019)に
「るんぺんパリ【RunPenParis】」の名で
活動を再開

SNSに140文字に
言葉をデザインした詩
「140文字詩」を
毎日投稿する活動を始める

2023年9月に140文字詩が
1200作品に到達した事で
「140文字詩」を全国へ
さらに世界へと
俳句のように広く知られる
存在になって欲しい

◆るんぺんパリ【RunPenParis】作品一覧
【2023年】Amazonで販売
2023/12/27第2フォト集「ほちきす それでは あかんで」
2023/12/2 第1フォト集「とめても ええか ほちきすで」
2023/11/23 第16詩集「もあいの ねごとを よみとる」
2023/9/16 第15詩集「さんもじ もしくは よんもじ」
2023/9/9 第14詩集「のこりの あぶらは わるもの」
2023/9/2 第13詩集「あそびも しごとも たいふう」
2023/8/26 第12詩集「かいてきな しつどに おぼれる」

【2022年】Amazonで販売
2022/12/6 第11詩集「やくそくは よなかの おひるに」
2022/11/3 第10詩集「みさんがの ともだちの たまんご」
2022/10/7 第9詩集「くうきと さんその かつさんど」
2022/9/3 第8詩集「さついを こめた いもけんぴ」
2022/8/7 アート作品集「やさいに つめる にくえらび」
2022/2/14 アート作品集「よなかに ひかる かみぶくろ」
2022/1/1 第7詩集「みかんの むくちな きもち」

【2021年】Amazonで販売
2021/9/8 第6詩集「そんな ことばは さよなら」
2021/8/3 第5詩集「あさに おくれた なんて」
2021/6/5 第4詩集「すいかの たねの ちょうこく」
2021/5/31 第3詩集「たんぽぽの たまご ひとつで」

【2020年】Amazonで販売
2020/7/27 第2詩集「こよい こよりの そらから」
2020/3/2 詩小説「すきから あいへ おやすみ」

【2019年】Amazonで販売
2019/7/21 第1 詩集「ところで あした あいてる」

◆Kマーホ 作品一覧(1999-2002)
【2002年】
2002/4/30 第6詩集「眠立体(ねむりったい)」
2002/4/4 第5詩集「コールサック」

【2000年】
2000/7/31 第4詩集「マガサス星人」
2000/1/31 第3詩集「おしりとサドルが あいますか」

【1999年】
1999/8/1 第2詩集「テレビジョン」
1999/5/1 第1詩集「トイレの閃き(ひらめき)」

【受賞】
2001年 詩「眠立体(ねむりったい)」第6回トワイライト文学賞
2000年 詩「永遠の親友」信越郵政局長賞
1999年 詩「トイレの閃き(ひらめき)」第1回万有賞
1998年 作詞「地球のウラハラ」第31回日本作詞大賞新人賞候補ノミネート

 

 

「いわなみキッチン」行って見た。

「いわなみキッチン」は外観に比べて店内がとても綺麗で、岩波でこんな空間を感じれるのはちょっと嬉しい。オーナーさんが一人で切り盛りしている。トイレがかなり綺麗で清潔できもちがいい。営業日は火木金土の11:00~15:00で土曜日はイベントをやってる事もある。駐車場は6台あり、一人で来店しやすい雰囲気。JR岩波駅から徒歩2分、静岡県裾野市岩波249-1(ナビ設定は裾野市岩波250でたどり着く)

 

メニューをカウンターで見て、オーダーしたら、先にお支払いするシステム。おすすめはキヌアのサンドイッチ、飲み物はキヌア豆乳スムージー。キヌアを売りにしている。サンドイッチとピザには食べられるお花が添えられてくる。お花の味は無味でした。

「すそのキヌアビール」950円。この雰囲気で飲むのが一番いい、とても飲みやすくクセがまったくない。優秀な味のクラフトビール

「キヌア豆乳スムージー」のミックスベリーとブルーベリーとマンゴー、それと青いソーダ、シロップをかけると色が変わる。ストローがステンレス製かな。

「ササミとキヌアのサンドイッチ」と「ベーコンとキヌアのサンドイッチ」どちらもクセが無くさっぱりした味わい。この青いお花達も食べられる。

手前は甘いピザの「ハニーナッツとキヌアのピザ」、奥の「角切りベーコンとキヌアのジュノベーゼピザ」はスタンダードなお味で、どちらのピザも一人前でちょうどいいサイズ。お好みでタバスコが2種類ある。

「いわなみキッチン」での食後はブランコと日向ぼっこを楽しめ、店内にはクリエイターさんの物品も多々展示してあり目をひかれる。自分の気持ち的にはいつ来てもこれぐらいの雰囲気の店であって欲しいと思った土曜日でした。







るんぺんパリ【RunPenParis】

自己紹介

【自己紹介 2024年6月1日】

三重県伊賀市出身
旧名の上野市に
1976年から
1996年6月まで住んでいた

伊賀市で有名なのが
伊賀流忍者
伊賀牛
松尾芭蕉
俳句
上野城
伊賀市に変わってから上野市駅が忍者市駅になり
近鉄の電車だったのが伊賀鉄道になり
電車がコスプレになった
駅前には銀河鉄道999メーテルと哲郎の銅像があり
産業会館がハイトピア伊賀になった
新天地もなんかおしゃれなサビれかたで「新天地Otonari」となった
高校生の頃の面影は薄くなったけど
何となく残っている上野市街は今でも魅力的だ

小学校までは上野市依那具にある
市営の城ケ丘住宅で過ごした
この市営住宅はもう40年以上もその雰囲気を変えずに残っている
ここは伊賀市文化遺産にしていいほどの時間が止まった場所だ
いまだに汲み取り式の便所の換気の煙突が立ち並んでいる
このカオスな感じは小学生の頃の不便な生活を思い出させる
あの生活で暮らしたから今があるのは確かだ

小学校の通学路にある
垂園森でよく遊んだ
現在も存在しているが
オバケが出そうな森
この森は当時通っていた依那古小学校の校歌の歌詞にも出て来る
イメージ的には幽霊が出そうな森だけど
何か不思議な生き物が住んで居そうな森に見えた
きつねも出そうだし
おばけも幽霊も心霊も
もしかするとタイムスリップして
小学生の頃に戻れそうな気もする森だと変な懐かしさを感じる
近くには無人駅の市部駅とにらめっこしている森

中学校から市街の上野城
城下町で過ごした
当時はカオスな市営城ケ丘住宅から出れる事が本当にうれしかった
小学校までの友達とも飽きてしまっていたので寂しくはなかった
当時から色々な物にすぐに飽きては新しい物が好きだったので
そっちのワクワク感で本当にうれしかった
そして築20年以上の中古の一軒家で2階建て
自分の部屋がありトイレは汲み取り式だけど洋式で
あこがれの上野の街で住める事もあって本当にうれしかった

そして近くの崇廣中学校に通う事に
中学校の3年間は
転校生という立場と
中一で足の骨折
中二で腕の骨折
どちらも遊んでいての骨折2回
中三の高校受験で
いい想い出は無い

高校2年生で
小学校の時にサッカーで出会った
旧友とバンドを組んだ
その時が一番楽しかった。

1993年
一人暮らしを始める
やっと自由になった気がした
2年間ぐらいは金が無くて
通帳の残高は毎月マイナス50万
スレスレ生活

1996年7月から
2003年7月の
7年間は茨城県と千葉県の県境
利根川の近くに住んでいた
この界隈を走るタクシー運転手の
態度は本当にムカつくから
こっちも態度悪く乗ると
気分の悪さはお互いさまになる
関東平野は景色が無く
ここでの生活は落ち着かなかった
食文化も人も気候も水も
肌に合わなかった

1997年から
パソコンを38万で購入して
作詞やネットに興味を持つ
まどみちお詩集を読みだす
作詞に近い詩を書き始める
「Kマーホ」という名で
詩を書き始める
目標を300篇と決めて
詩を思いついたら
メモをつけるようになる
週末は家に引きこもり
一日中、音楽を聴きながら
パソコンがあるのに
まだワープロで詩を清書していた

1998年から2002年まで
「Kマーホ」の名で
詩に団体に参加したり
詩の賞に応募したり
詩集を自費出版したり
この当時参加していた詩の団体には
もうドロドロとした
詩を書く人や
あまりにも読み解けない詩や
暴力的な人や
いい人もいたけど
自分とは全然目指している方向が
違うので2年目ぐらいで辞めた
それからは詩の団体に興味は無くなった
それから
自費出版した詩集を
全国の小中学校や
全国の図書館へ寄贈して
活動を休止
理由は2000年に結婚してから
集中して詩を書く時間が無くなってきたから
2002年に2つの詩集を出版して
詩の事は全部段ボール箱へ入れた

2003年から2019年まで
育児に重点を置いて生活をする
この時期は友達とも連絡を
切っていたので
のちに死亡説が出ていた

2003年7月から
現在は静岡県在住
もう20年以上住んでいる

2019年
るんぺんパリ【RunPenParis】の名で
詩を書き始める
SNSでの詩の発信を始める

るんぺんパリ【RunPenParis】とは
フランスはパリの街を
ぺんを持って
走るという意味から
【RunPenParis】ができた

1973年8月1日生まれ
しし座
O型
右利き
詩・詩集・ことばをデザイン
アート・写真・小説・ペン画

松尾芭蕉の生家がある伊賀市
十代までを過ごし
俳句が幼少期から
身近に存在していた

二十代から詩を書き始めて
「Kマーホ」名で活動(1999-2002)
詩集6冊を出版して活動休止

その後
松尾芭蕉の俳句のような
シンプルな言葉遊びを
詩で出来ないかと考えていた中で

令和元年(2019)に
「るんぺんパリ【RunPenParis】」の名で
活動を再開

SNSに140文字に
言葉をデザインした詩
「140文字詩」を
毎日投稿する活動を始める

2023年9月に140文字詩が
1200作品に到達した事で
「140文字詩」を全国へ
さらに世界へと
俳句のように広く知られる
存在になって欲しい

◆るんぺんパリ【RunPenParis】作品一覧
【2023年】Amazonで販売
2023/12/27第2フォト集「ほちきす それでは あかんで」
2023/12/2 第1フォト集「とめても ええか ほちきすで」
2023/11/23 第16詩集「もあいの ねごとを よみとる」
2023/9/16 第15詩集「さんもじ もしくは よんもじ」
2023/9/9 第14詩集「のこりの あぶらは わるもの」
2023/9/2 第13詩集「あそびも しごとも たいふう」
2023/8/26 第12詩集「かいてきな しつどに おぼれる」

【2022年】Amazonで販売
2022/12/6 第11詩集「やくそくは よなかの おひるに」
2022/11/3 第10詩集「みさんがの ともだちの たまんご」
2022/10/7 第9詩集「くうきと さんその かつさんど」
2022/9/3 第8詩集「さついを こめた いもけんぴ」
2022/8/7 アート作品集「やさいに つめる にくえらび」
2022/2/14 アート作品集「よなかに ひかる かみぶくろ」
2022/1/1 第7詩集「みかんの むくちな きもち」

【2021年】Amazonで販売
2021/9/8 第6詩集「そんな ことばは さよなら」
2021/8/3 第5詩集「あさに おくれた なんて」
2021/6/5 第4詩集「すいかの たねの ちょうこく」
2021/5/31 第3詩集「たんぽぽの たまご ひとつで」

【2020年】Amazonで販売
2020/7/27 第2詩集「こよい こよりの そらから」
2020/3/2 詩小説「すきから あいへ おやすみ」

【2019年】Amazonで販売
2019/7/21 第1 詩集「ところで あした あいてる」

◆Kマーホ 作品一覧(1999-2002)
【2002年】
2002/4/30 第6詩集「眠立体(ねむりったい)」
2002/4/4 第5詩集「コールサック」

【2000年】
2000/7/31 第4詩集「マガサス星人」
2000/1/31 第3詩集「おしりとサドルが あいますか」

【1999年】
1999/8/1 第2詩集「テレビジョン」
1999/5/1 第1詩集「トイレの閃き(ひらめき)」

【受賞】
2001年 詩「眠立体(ねむりったい)」第6回トワイライト文学賞
2000年 詩「永遠の親友」信越郵政局長賞
1999年 詩「トイレの閃き(ひらめき)」第1回万有賞
1998年 作詞「地球のウラハラ」第31回日本作詞大賞新人賞候補ノミネート

夢を見たので

夢日記

鮮明な夢を見てその後寝つきが悪くなり、こ
れを書きだした。夢の内容はこうです、家族
と出かけようとしたら、高校生の生意気な男
に変な態度を取られた、その高校生の男の近
くには小学生のこれまた生意気な男の子がい
た。その生意気な二人は兄弟で何処かへ向か
うようで、自分たち家族と同じ方向だった、
その生意気な兄弟の態度が気にくわない自分
は、その感情を兄弟に向けて放った、大事に
はならなかったが、その兄弟も不満気だ。そ
の後、一人の男が自分たち家族を威嚇して来
た、自分も売られたケンカを買って見たら、
あの生意気な兄弟の父親だった。それぞれが
敵対する関係になった。その自分たち家族は
何処かお店から出ようとしたら、高校生の自
転車が邪魔をしていたので、自分はその自転
車を踏みながらその場を脱出した。その行為
で絡まれたが、それほど盛り上がらなかった
その後、別の店に入ったら、あの生意気な兄
弟がいたが、自分たちには気が付いていなか
った、ふと近くにその兄弟の父親がいたので
なぜか自分から絡みにいった。少ししたら兄
弟も気が付いて、不快な顔を自分たちへ向け
て来て、またもめ事が始まりだした時に目が
覚めた、不快な気持ちで寝ていられなかった
という感じでモヤモヤした感情があって、今
起きて、この夢を記録している。断片的な記
録で夢の中の事なのでストーリーが無いのは
何故だろうと思う。夢の中で家族といたけど
家族は出て来ないのは何故だろう。この兄弟
と父親は何を絡んで来るのだろうか。この夢
の内容からしていい予感も無いし、もやもや
しながら朝を迎える事になるし、何とかポジ
ティブに考えてこの後を過ごしたいけど難し
いから色々と気を付けて行こうと思った。昨
日寝たのは20時15分ぐらいでこの夢で起
された時間は2時30分ぐらいだったかな、
睡眠時間は6時間は寝ているから充分かなと
思う。あとこの夢を見るきっかけのような事
を思い出してみた。まず一つは朝にじろっと
見て来るおじいさんと出会って嫌だった。お
昼に珍しく自分の言いたい事を言ったら、逆
にもやもやした気持ちになった。これから大
きな責任を負う内容の話しがあった。意外な
人が離れて行く事を知った。自分の環境が大
きく変わり始めた。その環境から逃げられる
方法の行方がまだ決まらない。今の環境から
逃げたい気持ちもあるけど、がんばろうと言
う気持ちもある、今は逃げたいが上回ってい
感じ。先週に楽しい事があってその楽しさが
終わって寂しさが来ている。梅雨が近づいて
いる。夕方に物凄い勢いで追いついて来る軽
自動車に出会った、ここ最近では2回目の遭
遇。ゆっくりとテレビを見て笑いたいけど、
面白い番組が無く早く寝床につく。もうすぐ
満月が見られる、とても興奮してくる。それ
で良しとしたいから夜は晴れますように。

 

 

るんぺんパリ【RunPenParis】

自己紹介

【自己紹介 2024年5月3日】

三重県伊賀市出身
旧名の上野市に
1976年から
1996年6月まで住んでいた

伊賀市で有名なのが
伊賀流忍者
伊賀牛
松尾芭蕉
俳句
上野城

小学校までは依那具にある
市営の城ケ丘住宅で過ごし
小学校の通学路にある
垂園森でよく遊んだ
現在も存在しているが
オバケが出そうな森

中学校から市街の上野城
城下町で過ごした
中学校の3年間は
転校生という立場と
中一で足の骨折
中二で腕の骨折
どちらも遊んでいての骨折2回
中三の高校受験で
いい想い出は無い

高校2年生で
小学校の時にサッカーで出会った
旧友とバンドを組んだ
その時が一番楽しかった。

1993年
一人暮らしを始める
やっと自由になった気がした
2年間ぐらいは金が無くて
通帳の残高は毎月マイナス50万
スレスレ生活

1996年7月から
2003年7月の
7年間は茨城県と千葉県の県境
利根川の近くに住んでいた
この界隈を走るタクシー運転手の
態度は本当にムカつくから
こっちも態度悪く乗ると
気分の悪さはお互いさまになる
関東平野は景色が無く
ここでの生活は落ち着かなかった
食文化も人も気候も水も
肌に合わなかった

1997年から
パソコンを38万で購入して
作詞やネットに興味を持つ
まどみちお詩集を読みだす
作詞に近い詩を書き始める
「Kマーホ」という名で
詩を書き始める
目標を300篇と決めて
詩を思いついたら
メモをつけるようになる
週末は家に引きこもり
一日中、音楽を聴きながら
パソコンがあるのに
まだワープロで詩を清書していた

1998年から2002年まで
「Kマーホ」の名で
詩に団体に参加したり
詩の賞に応募したり
詩集を自費出版したり
この当時参加していた詩の団体には
もうドロドロとした
詩を書く人や
あまりにも読み解けない詩や
暴力的な人や
いい人もいたけど
自分とは全然目指している方向が
違うので2年目ぐらいで辞めた
それからは詩の団体に興味は無くなった
それから
自費出版した詩集を
全国の小中学校や
全国の図書館へ寄贈して
活動を休止
理由は2000年に結婚してから
集中して詩を書く時間が無くなってきたから
2002年に2つの詩集を出版して
詩の事は全部段ボール箱へ入れた

2003年から2019年まで
育児に重点を置いて生活をする
この時期は友達とも連絡を
切っていたので
のちに死亡説が出ていた

2003年7月から
現在は静岡県在住
もう20年以上住んでいる

2019年
るんぺんパリ【RunPenParis】の名で
詩を書き始める
SNSでの詩の発信を始める

るんぺんパリ【RunPenParis】とは
フランスはパリの街を
ぺんを持って
走るという意味から
【RunPenParis】ができた

1973年8月1日生まれ
しし座
O型
右利き
詩・詩集・ことばをデザイン
アート・写真・小説・ペン画

松尾芭蕉の生家がある伊賀市
十代までを過ごし
俳句が幼少期から
身近に存在していた

二十代から詩を書き始めて
「Kマーホ」名で活動(1999-2002)
詩集6冊を出版して活動休止

その後
松尾芭蕉の俳句のような
シンプルな言葉遊びを
詩で出来ないかと考えていた中で

令和元年(2019)に
「るんぺんパリ【RunPenParis】」の名で
活動を再開

SNSに140文字に
言葉をデザインした詩
「140文字詩」を
毎日投稿する活動を始める

2023年9月に140文字詩が
1200作品に到達した事で
「140文字詩」を全国へ
さらに世界へと
俳句のように広く知られる
存在になって欲しい

◆るんぺんパリ【RunPenParis】作品一覧
【2023年】Amazonで販売
2023/12/27第2フォト集「ほちきす それでは あかんで」
2023/12/2 第1フォト集「とめても ええか ほちきすで」
2023/11/23 第16詩集「もあいの ねごとを よみとる」
2023/9/16 第15詩集「さんもじ もしくは よんもじ」
2023/9/9 第14詩集「のこりの あぶらは わるもの」
2023/9/2 第13詩集「あそびも しごとも たいふう」
2023/8/26 第12詩集「かいてきな しつどに おぼれる」

【2022年】Amazonで販売
2022/12/6 第11詩集「やくそくは よなかの おひるに」
2022/11/3 第10詩集「みさんがの ともだちの たまんご」
2022/10/7 第9詩集「くうきと さんその かつさんど」
2022/9/3 第8詩集「さついを こめた いもけんぴ」
2022/8/7 アート作品集「やさいに つめる にくえらび」
2022/2/14 アート作品集「よなかに ひかる かみぶくろ」
2022/1/1 第7詩集「みかんの むくちな きもち」

【2021年】Amazonで販売
2021/9/8 第6詩集「そんな ことばは さよなら」
2021/8/3 第5詩集「あさに おくれた なんて」
2021/6/5 第4詩集「すいかの たねの ちょうこく」
2021/5/31 第3詩集「たんぽぽの たまご ひとつで」

【2020年】Amazonで販売
2020/7/27 第2詩集「こよい こよりの そらから」
2020/3/2 詩小説「すきから あいへ おやすみ」

【2019年】Amazonで販売
2019/7/21 第1 詩集「ところで あした あいてる」

◆Kマーホ 作品一覧(1999-2002)
【2002年】
2002/4/30 第6詩集「眠立体(ねむりったい)」
2002/4/4 第5詩集「コールサック」

【2000年】
2000/7/31 第4詩集「マガサス星人」
2000/1/31 第3詩集「おしりとサドルが あいますか」

【1999年】
1999/8/1 第2詩集「テレビジョン」
1999/5/1 第1詩集「トイレの閃き(ひらめき)」

【受賞】
2001年 詩「眠立体(ねむりったい)」第6回トワイライト文学賞
2000年 詩「永遠の親友」信越郵政局長賞
1999年 詩「トイレの閃き(ひらめき)」第1回万有賞
1998年 作詞「地球のウラハラ」第31回日本作詞大賞新人賞候補ノミネート

るんぺんパリ【RunPenParis】

自己紹介

【自己紹介 2024年4月21日】

三重県伊賀市出身
旧名の上野市に
1976年から
1996年6月まで住んでいた

小学校までは依那具にある
市営の城ケ丘住宅で過ごし
小学校の通学路にある
垂園森でよく遊んだ
現在も存在しているが
オバケが出そうな森

中学校から市街の上野城
城下町で過ごした
中学校の3年間は
転校生という立場と
中一で足の骨折
中二で腕の骨折
どちらも遊んでいての骨折2回
中三の高校受験で
いい想い出は無い

高校2年生で
小学校の時にサッカーで出会った
旧友とバンドを組んだ
その時が一番楽しかった。

1993年
一人暮らしを始める
やっと自由になった気がした

1996年7月から
2003年7月の
7年間は茨城県と千葉県の県境
利根川の近くに住んでいた

1997年から
パソコンを38万で購入して
作詞やネットに興味を持つ
まどみちお詩集を読みだす
作詞に近い詩を書き始める
「Kマーホ」という名で
詩を書き始める
目標を300篇と決めて
詩を思いついたら
メモをつけるようになる

1998年から2002年まで
「Kマーホ」の名で
詩に団体に参加したり
詩の賞に応募したり
詩集を自費出版したり
その自費出版した詩集を
全国の小中学校や
全国の図書館へ寄贈して
活動を休止

2003年から2019年まで
育児に重点を置いて生活をする
この時期は友達とも連絡を
切っていたので
のちに死亡説が出ていた

2003年7月から
現在は静岡県在住
もう20年以上住んでいる

2019年
るんぺんパリ【RunPenParis】の名で
詩を書き始める
SNSでの詩の発信を始める

るんぺんパリ【RunPenParis】とは
フランスはパリの街を
ぺんを持って
走るという意味から
【RunPenParis】ができた

1973年8月1日生まれ
しし座
O型
右利き
詩・詩集・ことばをデザイン
アート・写真・小説・ペン画

松尾芭蕉の生家がある伊賀市
十代までを過ごし
俳句が幼少期から
身近に存在していた

二十代から詩を書き始めて
「Kマーホ」名で活動(1999-2002)
詩集6冊を出版して活動休止

その後
松尾芭蕉の俳句のような
シンプルな言葉遊びを
詩で出来ないかと考えていた中で

令和元年(2019)に
「るんぺんパリ【RunPenParis】」の名で
活動を再開

SNSに140文字に
言葉をデザインした詩
「140文字詩」を
毎日投稿する活動を始める

2023年9月に140文字詩が
1200作品に到達した事で
「140文字詩」を全国へ
さらに世界へと
俳句のように広く知られる
存在になって欲しい

◆るんぺんパリ【RunPenParis】作品一覧
【2023年】
2023/12/27第2フォト集「ほちきす それでは あかんで」
2023/12/2 第1フォト集「とめても ええか ほちきすで」
2023/11/23 第16詩集「もあいの ねごとを よみとる」
2023/9/16 第15詩集「さんもじ もしくは よんもじ」
2023/9/9 第14詩集「のこりの あぶらは わるもの」
2023/9/2 第13詩集「あそびも しごとも たいふう」
2023/8/26 第12詩集「かいてきな しつどに おぼれる」

【2022年】
2022/12/6 第11詩集「やくそくは よなかの おひるに」
2022/11/3 第10詩集「みさんがの ともだちの たまんご」
2022/10/7 第9詩集「くうきと さんその かつさんど」
2022/9/3 第8詩集「さついを こめた いもけんぴ」
2022/8/7 アート作品集「やさいに つめる にくえらび」
2022/2/14 アート作品集「よなかに ひかる かみぶくろ」
2022/1/1 第7詩集「みかんの むくちな きもち」

【2021年】
2021/9/8 第6詩集「そんな ことばは さよなら」
2021/8/3 第5詩集「あさに おくれた なんて」
2021/6/5 第4詩集「すいかの たねの ちょうこく」
2021/5/31 第3詩集「たんぽぽの たまご ひとつで」

【2020年】
2020/7/27 第2詩集「こよい こよりの そらから」
2020/3/2 詩小説「すきから あいへ おやすみ」

【2019年】
2019/7/21 第1 詩集「ところで あした あいてる」

◆Kマーホ 作品一覧(1999-2002)
【2002年】
2002/4/30 第6詩集「眠立体(ねむりったい)」
2002/4/4 第5詩集「コールサック」

【2000年】
2000/7/31 第4詩集「マガサス星人」
2000/1/31 第3詩集「おしりとサドルが あいますか」

【1999年】
1999/8/1 第2詩集「テレビジョン」
1999/5/1 第1詩集「トイレの閃き(ひらめき)」

【受賞】
2001年 詩「眠立体(ねむりったい)」第6回トワイライト文学賞
2000年 詩「永遠の親友」信越郵政局長賞
1999年 詩「トイレの閃き(ひらめき)」第1回万有賞
1998年 作詞「地球のウラハラ」第31回日本作詞大賞新人賞候補ノミネート

伊賀から素敵な絵本が届いた。

伊賀から素敵な絵本が届いた。

桜が咲くのを待つ この時期
事実として今生きている事に
暖かくなって来た風が
心地よく感じて
ふと ぼんやりとしてしまう